幸せな恋愛

やっぱり強い女性は泣かないのでしょうか?人間なのですから、例え強くても、ときには泣いた方がいいのです。人間なのですから、イヤなことや悲しいことがあったら泣きたくなって当然です。下手にガマンして心にひずみができてしまうより素Hになって泣ける場所、自分をだせる場所があった方が良いのではないでしょうか。自分が独りになって思いつきり泣ける場所や、信頼している人の前、癒される人の前では素直に泣いてもいいのです。そしてスッキリして、気持ちを前向きに切り替えて下さい。あなたは素直に泣ける場所がありますか?気分に左右されないためのレッスンあなたが泣くことができる場所や、素直な気持ちを打ち明けられる人を書きだしてみて下さい。確固たる意志や理由や原動力があるとでて来るパワ 1。この先には「成功」や「満足感」がある。やりたいことをやり続ける気が多く、あちこちに目移りしてしまう人は幸せな愛を得ることはもちろんできませんが、仕事でも同様。あちこちに手をつけていつもパタパタしている人は、相手から信頼を得ることが難しくなります。気が多くても許されるのは、いろいろなコトを同時にやっても全てこなせる能力を持った人だけです。いろいろやって何か成功すれば:・とあちこちに手をつけたい気持ちも分かりますが、それよりもひとつのことを辛抱強くやり続ける能力を育ててみてはいかがでしょう。気が多い人は次へ次へと興味の対象を移り変えて行くだけで、きっと何も身になっていないでしょう。反対にひとつのことを継続してやり続けていれば、それはいつか何かのカタチになるはずです。
出会いは、たくさんあるので、相性が合う人がきっと見つかります。

出典元:

EZ081_L

Comments are closed.